メニュー

うつ・双極性感情障害

うつ病は本当に増えたのでしょうか?

WHOは、21世紀に最も注意を要する疾患として、うつ病を挙げています。しかし、教科書に記載してあるような定型的なうつ病(薬が良く効くタイプ)は増えていません。むしろ減っています。うつ病も、教科書の記載が現状に追いついていない問題があります。

定型的なタイプのうつ病は薬で治療できます。しかし、定型タイプではないうつ病(薬が効かない)に、教科書的な対応をしたり、薬を処方するだけでは、治療はうまくいきません。

長年改善しないままのウツの患者さんが増えているのは、定型タイプではないうつ病が増えているのに、薬でどうにか治療しようとするからうまくいかないのだと、みゆきクリニックでは考えています。

【目次】

  1. 定型タイプのうつ病の治療(メランコリー親和型のウツ)
  2. 薬の効かないうつ病
  3. 薬の効かないウツ・その1 新型うつ病
  4. 薬の効かないウツ・その2 非定型うつ病
  5. 双極性感情障害
  6. ウツの治療

定型タイプのうつ病の治療(メランコリー親和型のウツ)

薬が効くタイプです。近年、このタイプのうつ病患者さんは減っています。

定型的なうつ病は、坑うつ薬「SSRI」「SNRI」等で改善出来る場合があります。薬を飲み始めて1~2ヶ月すると、症状が改善してきます。
症状が良くなると誰しも薬を飲むのを辞めたくなるものですが、自分の判断で薬の服用を辞めてしまうと、数か月以内に症状が再発し、悪化してしまいます。

うつ病は非常に再発しやすい性質がありますので、薬を飲み続けることで再発を予防していくことがとても大切です。自己判断で薬の服用を辞めてしまわない様、気を付けて下さい。

薬の効かないうつ病 

薬の効かないタイプのウツ、新型うつ病・非定型うつ病が増えています。薬の効かないウツには、大きく分けて、栄養障害タイプと、パーソナリテイ障害タイプの、二つのタイプがあります。

薬の効かないタイプのウツの患者さんに、改善がみられないまま、薬を出し続けると、症状を悪化させることすらあり、注意が必要です。何年も改善しないウツの患者さんは、薬物治療を見直してみましょう。

みゆきクリニックでは、薬の効かないタイプのウツは、カウンセリングと、オーソモレキュラー療法で治療しています。

薬の効かないウツ・その1 新型うつ病

生活習慣・栄養障害タイプ

生活習慣からくるウツです。このタイプの人は、甘いものや炭水化物を好む傾向にあり、無気力感、意欲の低下、集中が続かず、記憶力が低下し、疲れやすく、だるさが続き、長く睡眠をとっても疲れが取れない、朝起きにくい、昼間眠い、等を特徴とします。

一人暮らしか、家族と同居している場合でも殆ど家で食事をしない。
朝はなかなか起きられず、ギリギリの時間になってどうにか起きる
朝食は食べないことが多い、食べるとしてもパンやおにぎり
昼食はパスタやラーメン、おにぎり、カップ麺、良くてコンビニ弁当
夕食もコンビニのおにぎりやカップ麺、菓子パン等で簡単に済ませてしまう。
あるいは夜遅くまで残業して、疲れて何も食べずに寝てしまう・・・。

無気力状態でウツが続く人の中に、食事と言えば炭水化物しか食べていない、肉や魚や野菜は食べたとしてもごく少量、という人がいます。

炭水化物や菓子類、甘い飲料水の取り過ぎで、栄養素は不足し栄養不良なのに、カロリーオーバーという、矛盾した状態に陥っています。20歳代にして既にメタボ体質になってしまっている人も少なくありません。仮に痩せていたとしても、筋肉量が少なく、内臓脂肪や体脂肪率は高い、つまり痩せているにも関わらずメタボなのです。

このタイプのウツは、食事の改善と、サプリメントを使った栄養素の補充で治療します。

反応性低血糖による悪循環

糖は哺乳類にとって重要なエネルギー源ですので、身体は常に血糖値を一定のレベルに保つ様に出来ています。身体の中で糖を合成し、少ない糖質でも十分代謝が廻るように出来ています。

人が砂糖を日常的に摂取するようになったのはここ数十年のことですので、ヒトの身体は砂糖の取り過ぎには慣れていません。甘いお菓子や白米、パン、うどん、パスタ等の精製した炭水化物の摂り過ぎは、急激に血糖値を上げますので、大量の糖を処理しようとインスリンというホルモンが分泌され、今度は逆に低血糖を引き起こします。これを反応性低血糖といいます。

食べた砂糖をちょうどよく分解するインスリンが程良く出るのではなく、インスリンが過剰に出過ぎてしまい、低血糖を引き起こします。低血糖になると、今度は即座に脳にアラーム信号が送られ、脳からは再び血糖値を上げるよう指令が出て、再び甘いものや炭水化物を食べたくなり、高血糖→低血糖→高血糖→低血糖・・・という悪循環を繰り返します。低血糖発作を起こすと、むさぼるように甘い物が食べたくなり、過食になる人もいます。

新型うつ病と言われる患者さんたちが甘いものや炭水化物を好んで食べるのは、この反応性低血糖を繰り返しているものと考えられます。この状態を長く繰り返すと、やがてインスリンが枯渇してしまい、糖尿病になります。Ⅱ型糖尿病が急増している背景には、日本人の食事習慣の劣化、新型うつ病が関係しています。

砂糖を日常的に取り過ぎることは、身体にとっては、とても危険なことなのです。治療は、まず、食事の仕方や内容を工夫することから始めます。

きちんと食事をしている場合でもウツになることがあります

人がどの程度のビタミンを必要とするかは、非常に個人差の大きいことが分かってきています。他の人よりビタミンを多く必要とする体質の人は、どれだけ適切な食事をしていても、ビタミン不足から来る栄養障害に陥る可能性があります。他の人よりビタミンを多く必要とする体質の人は、賢い人に多いという印象があります。

血液検査による栄養素の評価には専門的な解釈が必要

血液検査を行った際に、全ての項目が正常値の範囲内にあるからと言って、安心はできません。人の身体は、酷い栄養状態にあっても、何とかバランスを保とうとする優れた機能が備わっていて、これはとても素晴らしいことなのですが、反面、栄養障害は余程の病気でない限りなかなか血液検査の数値に現れてきません。血液データによる栄養障害の解釈には、オーソモレキュラーの知識が必要です。

基準値って何?

基準値とは平均値のことです。日本人女性は貧血傾向のある人が多いので、貧血状態でも、平均値に入ってしまうことがしばしばあります。母集団が貧血だと、貧血が標準になってしまうのです。

例えば、身長140cm前後の人の多い集団で身長を測定したら、平均の身長は140cmになりますが、日本人の平均身長は140cmだと言ってしまったら、ちょっと違いますよね。オーソモレキュラーでは、基準値ではなく、好ましい数値 を目指します。

薬による治療では改善しません

栄養障害から憂ウツになっているのに、抗うつ薬を飲むと薬の代謝にビタミンB群を消費してしまいますので、ますます栄養素の不足が悪化してしまい、だるさや無気力が悪化することがあります。

なかなか症状の改善しない患者さんをみると、更に薬を増やしてしまいがちな医師もいますが、薬の増量はかえって無気力やだるさを悪化させます。何年もウツが改善しない方は、薬物治療を見直してみましょう。

薬は効きませんが、充分に改善できます

みゆきクリニックでは、食事の改善と、適度な運動、オーソモレキュラー療法で治療しています。きちんと治療を行えば、数ヶ月で改善出来ます。

若い貴重な時期を、無気力状態で過ごし、効果の乏しい薬を飲み続け、学校に行けない、会社に行けない、能力を伸ばせずにいるのは患者さん個人やその家族は勿論のこと、会社にとっても、日本の将来にとっても、大きな損失ではないでしょうか。きちんと治療して人生を取り戻しましょう。

薬の効かないウツ・その2 非定型うつ病

パーソナリテイ障害タイプ

パーソナリテイ障害の改善に有効な薬は、ありません。みゆきクリニックでは、カウンセリングとオーソモレキュラー療法を併用しで治療しています。

パーソナリテイ障害の方は、周囲から期待した反応が得られないと、怒りや抑うつで反応し、キレやすく、欲求不満に耐えるのが苦手で、無気力や不安、憂ウツに陥りやすく、人間関係を悪化させやすい問題を抱えています。パーソナリテイ障害の方は、これらの性質を治療する必要があります。

パーソナリテイの治療には、精神分析的な精神療法・カウンセリングが有効です。日本でカウンセリングと言うと、日本では認知行動療法が一般的ですが、残念ながら、認知行動療法は、パーソナリテイ障害の治療には余り効果がありません。

パーソナリテイ障害タイプの方の感情や怒りを落ち着かせ、人間関係を安定的に築けるようになるには、カウンセリングを行います。パーソナリテイ障害の方は、攻撃性や怒りで治療を破壊することがあり、みゆきクリニックでは、攻撃性やイライラに対し、オーソモレキュラー療法で治療します。

みゆきクリニックでは、パーソナリテイ障害タイプの方には、オーソモレキュラー療法と精神分析的なカウンセリングを同時に行うことで治療しています。

双極性感情障害

双極性感情障害が増えています。

双極性感情障害Ⅰ型はあまり増えていませんが、双極性感情障害Ⅱ型と言われる、短いサイクルで鬱状態と軽い躁状態を繰り返し、薬によるコントロールが難しいタイプの方が増えています。

双極性感情障害 Ⅰ型

文豪ゲーテも躁うつ病だったと言われていますが、ゲーテの躁状態とうつ状態は7年位の周期で症状が交替していたと言われています。このタイプの双極性感情障害は、ウツ病相と躁病相の症状がはっきりと分かれるのが特徴です。双極性感情障害Ⅰ型 と言います。

治療には、薬を服用します。躁状態にある時には、気分調整薬を服用します。うつ状態にある時には、SSRIやSNRI等の抗うつ薬を服用します。

しかし、双極性感情障害Ⅰ型の躁状態の時に抗うつ薬を服用し続けると、躁状態を悪化させることがあり、注意が必要です。双極性感情障害Ⅰ型の患者さんに抗うつ薬を処方する場合には、症状をよく伺いながら、慎重に経過を見ていく必要があります。

双極性感情障害 Ⅱ型

軽い躁状態とウツ状態を短期間で繰り返す、双極性感情障害Ⅱ型が増えています。数日~週週間、場合によっては1日の中でも病相がクルクル変わるというもので、時には躁とウツの症状が同時に出てくるということもあり、短期間で病状が変わるので、薬での調整が非常に難しいタイプです。

双極性感情障害Ⅱ型の躁状態の時に抗うつ薬を飲み続けると、抗うつ薬による躁転が起こることがあり、更に躁状態が悪化しますので、注意が必要です。双極性感情障害Ⅱ型が急増している背景には、抗うつ薬の不適切な過剰投与が関係している可能性があります。

躁状態の改善薬として気分調整薬が幾つか認可されていますが、双極性感情障害Ⅱ型には、どれも余り効果がないという印象があります。

みゆきクリニックでは双極性感情障害Ⅱ型の治療は、オーソモレキュラー療法で治療しています。双極性感情障害の方に抗うつ効果のあるサプリメントを服用して頂くと、躁転することなく、安全に憂うつを改善させることも可能です。

双極性感情障害とは・・・

それにしても何故、このように双極性感情障害が増えたのでしょう…?

精神分析には、躁的防衛と言う考え方があります。心には様々な防衛のメカニズムがあって、心や身体を守ろうとしていると考えるのですが、躁的防衛もそのひとつです。

躁的防衛と、躁うつ病(双極性感情障害)は、症状は似ていますが、背景にある病理は異なります。躁的防衛という視点から現代型の双極性感情障害を理解していくことは、とても重要だと考えています。

うつ病というのはとても苦しい疾患ですので、ウツを体験された方の中には「二度とうつ病は体験したくない」と思われる程苦しまれる方もいらっしゃいます。この辛い憂うつに陥らないように心が防御しようとして、躁状態になっているということも考えておく必要があります。

一方、現代社会に適応するには、軽い躁状態にあるくらいの方が、むしろ適応的であるという側面も否定できないでしょう。悲しむ、嘆くといった、人としての感情は、とても高度な精神活動です。しかし、効率優先、経済活動重視の現代社会では、悲しみや嘆きは、意味のないネガテイブなものとして価値を奪われ、退けられてしまい、悲しむことを回避する現代人の姿が浮かび上がってきます。現代人は、ゆっくりと悲しみを味わうことすら出来なくなってしまったのでしょうか。

ウツの治療

定型タイプか、栄養不良・生活習慣タイプか、パーソナリテイ障害タイプかにより、治療法は大きく異なります。

定型タイプのウツ

治療の第一選択は抗うつ薬ですので、どこの医療機関でも薬を処方してくれます。医療機関によっては、定型タイプのうつ病にのみ対応しているところがあります。

栄養不良・生活習慣タイプのウツ

オーソモレキュラー療法を行っている医療機関を受診することをお勧めします。但し、オーソモレキュラー療法を行っている精神科・心療内科は、まだ数えるほどしかありません。

パーソナリテイ障害タイプのカウンセリング

精神力動的精神療法を行っている医療機関又はカウンセリング専門施設でご相談下さい。但し、精神力動的精神療法を行っている医療機関は極めて稀です。

日本で精神療法と言えば、認知行動療法ですが、認知行動療法では残念ながらパーソナリテイ障害の病理の改善には十分ではありません。パーソナリテイ障害の病理には精神力動的精神療法をお勧めします。

さて、ここまで読み進んだあなたは、かなり理解力のある方ですね。治療を必要とするウツかどうかは、やはり専門家にご相談下さい。下のような症状があったら、受診をご検討下さい。

ウツにみられる症状 
  • 憂鬱
  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 疲れやすい
  • いつもだるい
  • めまいがする
  • 頭が痛い
  • イライラする
  • 集中できない
  • やる気がでない
  • 何かを考えることが出来ない
  • 今までやれていたこもさえ出来なくなってしまった
  • 好きなことにも興味を持てなくなってしまった
  • 日によって良かったり悪かったり気分の波が大きい
  • 午前中は辛いけど、夕方になるといくらか気分が良くなる
  • 体重が急に減った、あるいは増えた
  • 消えてしまいたい
  • 結婚した・・ 昇進した・・ 念願のマイホームを建てた・・
    嬉しいはずなのに何故か気持ちが沈んでしまう
  • このところ、長時間の残業が続いている
  • 会社をリストラされた
  • 会社で不本意な移動をさせられ、それ以来何となくやる気が出ない
  • 離婚した
  • 身近な人を亡くし、それ以来気持ちが沈む
  • 生理の前になるとイライラが特にひどくなる
  • 更年期障害で何年も治療を受けているけれども、ちっとも良くならない
  • 身体の不調が続いているのに、病院で検査を受けても、どこも悪くないと言われた
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME