メニュー

栄養相談

若い人を中心に、食事に問題がある為に、身体や精神に不調をきたす人が増えています。若い人を中心に増えていると言われる新型うつ病は、うつ病なのではなく、栄養不良です。

治療は、まず食事の改善です。

子どもたちは、菓子やカップ麺、ジャンクフードを日常的に食べています。
働き盛りの人は、忙しいと、食事がいい加減になります。
お年寄りは、歯が悪い 食事の用意が面倒 等の理由から、食べやすいものばかりを食べる傾向にあります。

子どもたちの栄養状態が悪いと、知能の発育が遅れたり、キレやすきなったり、発達障害と似た問題を表します。

働きざかりの人たちの栄養状態が悪いと、うつ病にそっくりな症状を出して、うつ病と間違えられ、会社を長期にわたり休職することがあります。

お年寄りが栄養不良になると、うつ病や認知症と区別がしにくくなります。

食事の改善は、一生の問題です。

食事の改善で、将来起こるかもしれない様々な病気を予防しましょう。
自己流の食事の改善では、正しく行えないことが多いのです。
正しい知識のもとで毎日の食事を改善することは、一生の財産です。

みゆきクリニックでは、管理栄養士による栄養相談を行っています。
管理栄養士と一緒に、一人ひとりの生活スタイルに合わせた食事の改善法を考えていきましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME