メニュー

サプリメント外来

身体に優しい治療、薬を使わないで症状を改善する、医療用サプリメントを使った治療です。

特に若い人に多いと言われる 新型うつ病 過眠傾向 集中力低下 の改善に有効です。

シニア世代の疲れやすさに、高い改善効果があります。

育児にストレスを感じているママたちに、育児のつらさを軽くしてくれます。

また、薬とサプリメントを併用することで、うつ病 統合失調症 双極性感情障害 パーソナリテイ障害 パニック障害 社会不安障害 強迫性障害 不安障害 etc…
の方々の服用している薬を、可能な限り減らすことが出来ます。

なぜサプリメントなのでしょう?

健康な状態を維持する為に、人がどれくらいのビタミンやミネラルを必要とするかは非常に個人差の大きいことが分かってきています。

分子整合医学の提唱者ライナス・ポーリング博士は、この個人差を1:20、つまり20倍もの開きがあると想定しましたが、最近の研究では1000倍もの開きがあるケースも報告されています。

健康を維持するために、ビタミンを1㎎摂取すればよい人もいれば、1000mg摂取しないと健康が維持できない人もいます。
何だか不公平の様に聞こえますが、「原因不明」「生まれつき」「トシのせい」として諦めていた問題が、サプリメントで改善できるのです。これは本当に素晴らしいことです。

疲れ易い 熟睡出来ない 朝が弱い 集中しにくい 人に会いたくない…

これらの問題を自分のせいと思っていませんか?
自分の能力はこの程度なのだから仕方が無い…と諦めてしまっていませんか?
性格の問題なのではなく、栄養素が不足しているだけかも知れません。
これらの問題が、もしかしたら医療用サプリメントの服用だけで改善出来るかも知れないのです。

些細なことでイライラする 育児が辛い 子どもを叩いてしまう
そういう女性が増えています。医療用サプリメントで改善出来るかも知れません。
妊娠中、授乳中の方も服用出来ます。

サプリメントは実費になりますので、お薬の様に健康保険は使えませんが、
「薬を飲んでも良くならない」「どうせ自分は駄目だ」と諦める前に、ご相談下さい。

新型うつ病の治療

若い人に多いとされる新型うつ病は、薬が効きにくく、治療困難と言われています。
しかしそれは、新型うつ病をうつ病として治療しようとするからうまくいかないのです。
診断が間違っているのです。
新型うつ病はビタミンB群をはじめとする栄養素の不足から起こっている場合が殆どです。
新型うつ病は、うつ病なのではなく、「現代の脚気」と言うべきビタミン不足です。
みゆきクリニックでは、栄養指導と医療用サプリメントを使った治療で高い治療成果を上げています。
詳しくはみゆきクリニックホームページ「新型うつ病」の項目をご覧ください。

薬を飲んでいるけど、体調の悪さが改善しない方

薬を飲んでいるけれども、朝起きにくい、昼間眠くなる、疲れ易い、等々の症状がなかなか改善しない方は、医療用サプリメントで改善する可能性があります。
詳しくは、みゆきクリニックホームページ「不定愁訴」の項目を御参照下さい。

鬱病・不安障害・統合失調症の治療の補助として

鬱病 不安障害 強迫性障害 社会不安障害 パニック障害 双極性感情障害 統合失調症 不眠症 その他の精神疾患の方に、お薬と一緒にサプリメントを服用して頂くことで、お薬の量を最低限にまで減らすことが出来ます。
出来るだけ薬を減らしたい、と思っていらっしゃる方は、ご相談下さい。

パーソナリテイ障害の治療

パーソナリテイ障害の治療の補助として、キレやすく衝動的になりやすい傾向をサプリメントの服用で軽減することができます。

妊娠を予定している方 妊娠中の方 授乳中の方

妊娠前から、ビタミン・ミネラル類を服用して貯蔵鉄や栄養状態を改善しておくと、母体はもちろん、赤ちゃんの健康にもつながります。
妊娠中の方、授乳中も続けられます。

育児が辛いママたち

育児が辛いママ、産後うつ病の方の中に、ヘモグロビン フェリチンが低い方がたくさんいます。
ヘモグロビンが正常値でも フェリチンが低いと、疲れやすく、何をするのも億劫になり、育児が負担に感じられ、育児困難になることがあります。
ヘム鉄を服用しフェリチンを改善することで、育児の負担感は改善できます。

病気を予防してより健康を目指したい人

サプリメントによる治療の目的は、細胞に働きかけ、身体の代謝を改善することです。
それにより、病気を予防し、老化を防ぐことが可能です。
結果的に若々しくなり、肌も髪もつややかになり、美しく、活動的になります。
即効性はありませんが、長く続けて頂くことで、様々な病気のリスクを軽減します。
癌にかかるリスクを軽減する効果もあります。

都会で暮らす人

都会の汚染された空気から、知らないうちに酸化物質を取り入れてしまっています。
強力な抗酸化作用のあるサプリメントの摂取が求められます。

放射能障害から身を守る為に

サプリメントで放射能障害のリスクを減らすことも可能です。
子供用のものもあります。

詳しくは御相談下さい。

アルコールを飲む人

アルコールの分解の補酵素として、ナイアシン(ビタミンB3)が消費されます。
アルコールによる様々な神経症状の多くは栄養障害が原因です。
アルコールを飲む人は、サプリメントを摂取することが必要です。

炭水化物や菓子類、甘いものをよく食べる人

菓子類は食べないことが基本です。
糖質や炭水化物の消化にビタミンB1が消費されますので、甘いものや炭水化物をよく食べる人はB1不足に陥りやすくなります。
ビタミンB1不足の代表的な病気は「脚気」です。
現代では脚気は無くなったと言われていましたが、炭水化物や菓子類をよく食べる若い人を中心に増えています。

運動をする人

運動をする人は、乳酸を代謝する為に、ビタミンB群を消費します。
特に激しい運動をする人は、サプリメントでビタミンB群を補う必要がありますが、同時に鉄や蛋白質も積極的に補う必要があります。

パソコンの画面を一日中見ていて目が疲れる人

目の疲れをサプリメントで改善することも可能です。

糖尿病の方

糖尿病、糖尿病予備軍の人は、血糖コントロールを行うと同時に、末梢循環の改善を図ることが必要です。サプリメントで糖質の吸収を抑え、末梢の血管の循環を良くすることで将来起こりえる眼や腎臓の糖尿病合併症を予防します。

コレステロールが高すぎる 又は 低すぎる方

コレステロールや脂質は、高すぎても低すぎても、いけません。
高脂血症、高コレステロール血症の方に、脂質を改善するサプリメントの服用と運動をお勧めします。
また、若い人の無気力状態は、コレステロールが低いことが原因の場合もあります。
コレステロールを適正な値にすることで無気力が改善する場合があります。

サプリメントは医師に御相談下さい

症状をお伺いし、必要に応じて血液検査をし、臨床症状と血液検査のデータに基づいてサプリメントを処方します。遠慮なく御相談下さい。

医療用サプリメントの処方はその知識のある医師のもとで

市販のサプリメントをスーパーやコンビニで手軽に買うことが出来ますが、サプリメントを買って飲んだけど、効果がよく分からないという声をよく効きます。

サプリメントは、生化学的にどの栄養素を補充する必要があるのか判断し、個人個人に合わせた量を決めて服用しますので、市販のものを買って飲んでも効果は得られにくいかも知れません。

また、全ての医師がビタミンやミネラルの代謝に関する知識を持っている訳ではありません。
医師の中には、生化学の理論を知っていても、何故かビタミンやミネラルの有効性に関して否定的な立場を取ってしまう医師も大勢います。

あなたの主治医にビタミンの効果を質問しても否定されるかも知れませんが、諦めずにご相談下さい。

医療用サプリメントの処方は生化学的な理論に基づいて行います。
人の生化学的な代謝に即した治療ですので、非常に効果があり、副作用もなく、安全に治療できる古くて新しい医療です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME