メニュー

抗うつ薬

Q1.抗うつ薬にはどんなものがあるのですか。

A1.SSRI、SNRI、三環系抗うつ薬 四環系抗うつ薬、等があります。

最近では、SSRI、SNRIが主流になり、昔からある三環系抗うつ薬 四環系抗うつ薬は、あまり処方されることが少なくなってきましたが、今でも使われています。ここでは、三環系抗うつ薬 四環系抗うつ薬についてご説明しましょう。

Q2.最近では処方されることが少ないのですか。

A2.確かに、抗うつ薬の主流は、SSRI、SNRIに移りました。

でも中には、この古いタイプの抗うつ薬、ことに三環系抗うつ薬の方が、よく効くという方もいらっしゃいます。
今でも有用な薬です。

Q3.どんな時に服用するのですか。

A3.うつ病の症状がある時に服用します。

Q4.副作用はありますか。

A4.飲み始めの1週間位は、朝ボーとして起きにくく、昼間も眠気が強く、身体がフラフラしたり、便秘、口が渇く、等の副作用が出ます。

1~2週間すると、副作用は次第に消えていきます。
最初の飲み始めの頃は、少し辛抱して飲んでください。

Q5.飲むのにどんなことに気をつけたら良いですか。

Q5.薬を飲み始めて2~3週間たちますと、一時的に非常に気分が良くなって、治った様に感じることがあります。これは薬の作用による一時的なものです。

この時、薬を辞めてしまうと、すぐまた元の憂鬱な状態に戻ってしまいます。良くなったと思っても、薬を飲み続けて下さい。

Q6.いつまで飲むのですか。

A6.うつ病は再発しやすい病気です。

再発予防の為に、完全に治ったと思ったあとも、しばらくの間、飲み続けて下さい。

Q7.うつ病以外でも処方されることはあるのですか。

A7.うつ病だけでなく、夜中に何度も目が覚めてしまうような不眠の場合に、寝る前に少量服用して頂くことで、ぐっすり眠れるようになることがあります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME