メニュー

新型うつ病・現代型うつ病

若い人を中心に、従来のうつ病とは症状の異なる「新型鬱病・現代型うつ病」が増えており、薬が効きにくく、なかなか良くならない、と社会問題になっています。

新型うつ病は、うつ病ではなく、ビタミンB群の不足からくる栄養不良です。
うつ病と混同して薬で治療しようとするから改善出来ないのです。

みゆきクリニックにも、うつ症状を訴える若い患者さんが沢山いらっしゃいますが、みゆきクリニックでは栄養指導による食事の改善と、サプリメントを使った至適量栄養素補充療法で、非常に高い治療効果をあげています。

サプリメント費用は健康保険が適応されず、実費になりますが、
学校を辞める、あるいは会社を辞めてしまう前に、試してみる価値は充分にあります。

若い人に多い 新型うつ病・現代型うつ病の特徴

新型うつ病は、若い人に多く、甘いものや炭水化物を好む傾向にあり、
無気力 集中が続かず 記憶力が低下し 疲れやすく だるさが続き 
長く睡眠をとっても疲れが取れない 朝起きにくい 昼間眠い ボーとしている
等を特徴とします。

新型うつ病・現代型うつ病の問題

若い人の間に新型うつ病が増えていると言い始めたのは、日本の一部の精神医学者ですが、欧米では誰もそのようなことを言っていないし、注目すらしていません。
それどころか新型うつ病という病気の存在そのものに対して否定的です。
みゆきクリニックでも、新型うつ病という「うつ病」は存在しない、と考えています。

新型うつ病と診断される若い人たちの無気力状態の本質は、栄養障害によるものです。
うつ病と栄養障害による神経症状は、表面に現れる症状はとても良く似ています。

うつ病と誤診されてしまうのは、その為です。
新型うつ病をうつ病として治療するのは、間違っています。
栄養障害から無気力状態に陥っている人が、抗うつ薬を服用しても、症状は良くなりません。
むしろ薬の代謝に、ただでさえ不足しているビタミンB群が消費されてしまい、症状は悪化します。
新型うつ病の患者さんたちがなかなか良くならないと思われているのは、薬で治療するからです。

新型うつ病・現代型うつ病と栄養障害

憂鬱や無気力を訴える若い患者さんたちに共通してみられる幾つかの傾向があります。
一人暮らしか、家族と同居している場合でも殆ど家で食事をしない。
朝はなかなか起きられず、ギリギリの時間になってどうにか起きる。
朝食は食べないことが多く、食べるとしてもパンやおにぎり。
昼食はパスタやラーメン、おにぎり、カップ麺、菓子パンなどで簡単に済ませる。
夕食はコンビニのおにぎりやコンビニ弁当かファーストフードが多い。
あるいは夜遅くまで残業して、疲れて何も食べずに寝てしまうことも多い。

無気力状態に陥っている若い人の中には、食事と言えば炭水化物しか食べていない、甘い飲料水や菓子類を好み、肉や魚や野菜は食べたとしてもごく少量、という人が非常に多いことに気が付きます。

無気力状態にある若い患者さんたちの多くは、不適切な食習慣のせいで摂取するべき必要な栄養素は不足しているにも関わらず、炭水化物や菓子類、甘い飲料水の取り過ぎでカロリーオーバーとなり、栄養障害であるにも関わらずメタボになり体重が増えていくと言う矛盾した状態に陥っています。
小学生にして既にメタボ体質になってしまっている子どもも増えてきています。
仮に痩せていたとしても、筋肉量が少なく、内臓脂肪・体脂肪率は高い、つまり痩せているにも関わらずメタボなのです。

新型うつ病の方の多くは過食気味

新型うつ病の特徴のひとつに過食があります。何故でしょう?
糖質の取りすぎで、高血糖と低血糖を繰り返す為に、過食になりやすいのです。
では何故、糖質を取りすぎると、高血糖と低血糖を繰り返すのでしょうか?

低血糖による悪循環

糖は哺乳類にとって重要なエネルギー源ですので、身体は血糖値を一定のレベルに保つ様に出来ています。
甘いお菓子 煎餅 白米 パン うどん パスタ ラーメン などの糖質や炭水化物の摂り過ぎは、急激に血糖値を上げますので、身体は血糖値を最適な値に下げようとしてインスリンが分泌されます。この時多すぎる糖を下げる為にインスリンが過剰に分泌され過ぎてしまい、今度は逆に一時的な低血糖を引き起こします。
血糖値が下がり過ぎて低血糖になると、低血糖は身体にとって一大事ですので、今度は血糖を上げようとして即座に脳に信号が送られ、血糖値を上げる為に再び甘いものや炭水化物を食べたくなる、という悪循環を引き起こしてしまうのです。

新型うつ病と言われる患者さんたちが甘いものや炭水化物を好んで食べるのは、糖分の取り過ぎによる高血糖と低血糖を繰り返している、ということができます。

この状態が長く続くと、やがてインスリンが枯渇して、糖尿病となります。
さらに認知症の原因にもつながります。

人は体内で糖質を合成し、仮に飢餓状態の様な事態であっても少ない糖質で代謝が廻るようにできています。
逆にいえば人の身体は過剰な糖質の摂取には慣れていないのです。
人が砂糖や白米を日常的に摂取するようになったのは近年のことですので、人の進化の過程で、人の身体は今の様な大量の糖質を摂取するような事態を想定していなかったのです。現代人は、明らかに糖質を取りすぎています。

ビタミンの不足による神経症状

炭水化物や菓子しか食べていないと栄養状態が悪くなります。
さらに、炭水化物や菓子類などの甘いものの代謝には、ビタミンB群が消費されますので、ますます栄養不良に拍車がかかります。
ビタミンB群が不足すると様々な神経症状が現れてきます。
ビタミンB群の不足による代表的な疾患は脚気やペラグラですが、現代では脚気やペラグラはなくなったと思われていましたが、新型うつ病は現代型の脚気やペラグラであると言い換えることが出来ます。

新型うつ病と言われる患者さんたちが、だるさを訴え、無気力で、何時間寝ても疲れがとれない、昼間もボーとしている、記憶力が低下していて、簡単なことも覚えられない、ケアレスミスが多くいつも怒られている、と言う状態にあるのは、栄養障害、特にビタミン不足から起こっていることと言えるでしょう。

決して能力がないわけではないのです。能力を発揮できない状態に陥っているのです。
ビタミンが不足すると、若い人でもまるで認知症のようになってしまいます。
適切な治療をすることで本来の能力を取り戻すことは十分可能です。

小さな子どもさんですと知能の発育にも影響しますので、知能低下を引き起こす原因にもなります。
早い時期での治療が望まれます。

しかし、きちんと食事をしていても新型うつ病は起こります

人がどの程度のビタミンを必要とするかは、非常に個人差の大きいことが分かってきています。生まれつきビタミンを多く必要とする体質の人は、どれだけ適切な食事をしていても、ビタミン不足から来る栄養障害、すなわち新型うつ病と言われる無気力状態に陥る可能性があります。

血液検査による栄養素の評価

栄養障害にあっても、多くの方は、血液検査を行った際に殆どの項目で正常値を示します。

人が充分に食事を取れるようになったのは近年のことで、人類は長年飢餓に苦しんできました。人の身体には栄養状態が悪くても何とかバランスを保とうとする機能が備わっていて、人の身体はある程度の飢餓に耐えられるように出来ています。
これはとても素晴らしいことなのですが、反面、栄養障害は余程の病気でない限り、なかなか血液検査の数値に現れてきません。
血液データによる栄養障害の解釈には、専門的な知識が必要です。

補足ですが、飢餓に耐えられるのだから食べなくても良い、ということではありません。
飢餓に耐えられたとしても、飢餓状態は無気力状態を招きますので、決して健康で生産的な状態とは言えません。
豊富な食材が手に入るという人類史上、稀な幸運な時代に生きているのですから、その恩恵を生かして、心身共に健康な生涯を送る工夫をするべきでしょう。

薬による治療では改善しにくい新型うつ病

栄養障害による新型うつ病で問題なのは、栄養障害と診断出来ないまま、うつ病と思って治療をしていると、薬を処方してもなかなか症状が改善しないので、更に薬を増やしてしまいがちで、そうすると薬の代謝にビタミンB群を消費しますので、益々栄養障害が悪化してだるさや無気力が増悪してしまうことがある、場合によっては長期の休職を余儀なくされるかも知れない、という悪循環に陥ってしまうことです。
症状が長引いて、会社を辞めたり、学校を辞めたりする人が増えているのは、とても残念なことです。
栄養素の補充療法で簡単に改善できるというのに・・・。

新型うつ病は充分に改善できます

若い貴重な時期を、無気力状態で過ごし、必要のない投薬治療を受け、必要のない休学や休職をし、能力を伸ばせずにいるとしたら、患者さん個人やその家族は勿論のこと、会社にとっても、日本の将来にとっても、大きな損失ではないでしょうか。

メンタル疾患がなかなか良くならずに会社を辞める人が増えています。
彼らの多くは、栄養障害を改善すれば、働くことができるかも知れない人たちです。

彼らを障害年金や生活保護の福祉の対象とするのではなく、生産性をあげ、社会人として働き、税金を納め、普通の一市民として生活できるようにサポートすることが、本来あるべき医療ではないかと私は考えています。
それを可能にするのが、サプリメントを使った 至適量栄養素補充療法なのです。

新型うつ病の治療

ビタミン類・ミネラル・蛋白質・脂肪酸等の摂取不足から起こっている栄養障害タイプの新型うつ病の治療の基本は、食事の改善です。
しかし食事療法だけでは充分ではなく、血液検査で栄養状態を調べ、不足している栄養素を補う為のサプリメントを積極的に服用する必要があります。

食事療法だけでは不十分なのは、何故でしょう?
ストレスに対抗し、細胞の代謝を上げ、様々な疾患を予防し、快適な心身の状態を保とうとすると、実現不可能な程の量の食材を食べる必要が生じてきます。
毎日新鮮な有機野菜を500g以上食べ、汚染の少ない海域で取れた養殖ではないイワシやサバ、鮭、よく運動した鴨や羊の肉を500g以上、納豆7パック、油は上質のオリーブオイルかエゴマ油しか使わない、しかもこれだけ食べてトータルカロリーを抑える、調理法は生か蒸し料理を中心に、揚げ物は食べない、と言うことが本当に出来るなら、食事療法だけで十分かもしれませんが、そんなことは不可能です。

食事の改善は基本的なこととして重要ですが、同時に、症状を改善し、健康な状態を維持するためには、栄養素をサプリメントで補うことが最も効率の良い改善法です。

サプリメントは医療用のものを

薬局やネットでサプリメントを買って飲んでみたけど、効かなかった、というご意見をよく伺います。栄養障害を改善するには、市販のサプリメントでは内容量が少なく、効果は余り期待できません。
また有効に効かせる為には症状に応じて適切なサプリメントを選ぶ必要がありますので、血液検査や医学的判断が求められます。

必要に応じて薬を服用

感情の波が大きい場合には一時的に薬を使用します。
薬はSSRI、SNRIと呼ばれる抗うつ薬を服用しますが、極めて少量で充分です。

治療開始から早い人で1週間、遅い人でも2か月位すると、昼間の眠気や過眠傾向、だるさや疲れやすさ、集中力の低下、行動の異常、イライラ、無気力等の症状は改善してきます。

きちんと治療すれば数か月で改善できます

新型うつ病はうつ病ではなく栄養障害なのですから、栄養状態が改善すれば元の様に勉強や仕事が出来るようになります。

新型うつ病の症例

20歳の大学生Hさんは、社交的で明るい方でしたが、次第に塞ぎこむようになり、夜眠れない、朝も起きるのが辛く、学校へ行くことも人に会うことも億劫になり、ネットで調べたら「うつ病の疑いが強いので早く精神科を受診するように」と出てきて、うつ病であることを覚悟し、休学をするつもりでみゆきクリニックを受診されました。
この方はとても真面目な学生さんでしたので、勉強にもサークル活動にも積極的で、毎日忙しくしていらして、親元を離れて一人暮らしだったのですが、食事を作る時間を惜しんで毎日菓子パンやカップ麺ばかりを食べていたということでした。
血液検査をしてみると、かなり栄養状態が悪いことが分りました。
Hさんには、うつ病ではないこと、栄養障害であることを伝え、食事指導をし、同時にサプリメントを処方し、おそらく1~2か月程度で改善するだろうから休学の必要もないだろうということをお伝えしました。
丁度春休みの時期だったこともあり、休みの間ご実家の親元で過ごされることをお勧めし、休みの間、Hさんは毎日母親と一緒に料理を作り、一人暮らしの下宿に戻っても簡単に作れそうな料理を母親から教えてもらっていました。
この母子の時間も、治療的にとても大きな意味があったと思われます。
食事を改善すると同時に、その間もサプリメントの服用は続けて頂きました。
やがてHさんは見違えるように回復され、元来の明るく社交的な御自分を取り戻し、大学へ復帰されました。
治療は食事指導とサプリメントの処方だけで、休学も投薬もしませんでした。

栄養障害とうつ病が併発した場合の症状と治療

一方、長時間労働とうつ病の発症の間には関係がありそうです。
栄養障害に陥るまで睡眠時間や食事を犠牲にして長時間働いている人は、本当にうつ病を発症してしまうことが少なくありません。

うつ病になると、食欲が低下し、栄養障害を併発しやすい状態ですので、うつ病に栄養障害が加わると、鬱病の症状が非常に悪く見えることがあります。

その場合には、うつ病の治療と栄養障害の治療を同時に行います。
うつ病の治療は、薬の服用、休養、入院、精神療法、復職リハビリ等々、病状の程度によって幾つかの治療法を組み合わせていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME