メニュー

発達障害

発達障害のお子さんが増えています。
赤ちゃんの頃からどことなく反応が少なく、情緒的な交流が持ちにくい子供さん…子どもに愛情を感じにくいと、人知れず悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。

幼稚園や小学校へ入るころになると、キレやすい、お友達と遊べない、言葉の発育が遅い…等々の問題が出てきます。
広汎性発達障害、ADHD アスペルガー 等と診断され、将来に不安を感じていらっしゃる親御さんも多いことでしょう。

治療は、対人関係のトレーニングや、容易にパニックを起こしやすい傾向や多動に対してお薬を処方することが一般的ですが、子どもに薬を飲ませることに、どれだけの正当性があるのでしょうか?

みゆきクリニックでは、サプリメントとカウンセリングを組み合わせた治療を行っています。

発達障害の原因はよく分かっていませんが、一部の発達障害のお子さんの中には、水銀や鉛などの有害重金属の排出能が悪く、体内に有害重金属が蓄積しやすくなっていて、その為に様々な神経症状を呈しているケースがあると言われています。

日本人は魚を食べるので、健康な人の場合でも欧米人の10倍近い有機水銀が蓄積されているとも言われており、また大気汚染された空気や、水などからも、知らずに鉛やヒ素を摂取しているとも考えられています。

水銀などの有害重金属を排出させる治療を行うことで、発達障害の子供さんの状態が安定し、症状が改善した、というケースも沢山報告されています。

みゆきクリニックでは、水銀を排出させるお薬と、神経を落ち着かせる作用のあるサプリメントを服用して頂くことで、発達障害の症状が改善し、落ち着いて生活出来るようになると考えています。

サプリメントによる治療

水銀等の有害重金属を排出させ、神経の繋がりを良くするサプリメントを服用します。
必要に応じて、有害重金属を排出させるキレート剤の点滴や、抗酸化作用のある高濃度ビタミンC点滴を行います。

カウンセリング

発達障害の子供さんは、相手の気持ちを推し量りながら行動することが苦手ですので、苛めにあいやすく、対人関係で様々な苦労をすることになります。
カウンセリングで、対人関係の改善に向けたトレーニングを行います。

発達障害の治療の可能性

みゆきクリニックでは、サプリメントの服用と、長期にわたるカウンセリングの併用で、発達障害に伴う様々な症状を改善させ、日常生活を落ち着いて生活出来るように維持することは、十分に可能だと考えています。
ご家族だけの御相談でも結構です。
子どもさんの将来に不安を感じていらっしゃる方、お困りの方は、ご相談下さい。

大人の発達障害

大人になってからアスペルガーと診断される方も増えています。
大人の方の治療も、同様の方法で改善が可能と考えています。
治療法がない、と言われてお困りの方は御相談下さい。

妊娠前のキレーション治療

女性が、赤ちゃんを妊娠する前にキレーション治療を受けて、
母体内の有害重金属を排出しておくことも有効でしょう。
ブライダル・キレーションと言って、アメリカではごく一般的に行われています。
お母さんが妊娠前にキレーションを受けておくことは、もしかしたら発達障害の子供さんが生まれるリスクを下げることが出来るかも知れません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME