メニュー

非定型うつ病

薬が効きにくい、治りにくい、難知性のうつ病として、「非定型うつ病」が問題となっています。

みゆきクリニックでは、非定型うつ病の本質はうつ病というより、背景にパーソナリテイ障害があって、周囲から期待した反応が得られないと怒りや抑うつで反応し、空虚感に陥り易く、社会に適応することに苦しんでいらっしゃるところにあると考えています。
非定型うつ病の患者さんは、憂鬱を訴えるのでうつ病として治療されてしまいがちですが、よく話を聞いてみると、非定型うつ病の患者さんの訴える憂鬱は、悲哀感や抑うつなのではなく、空虚感や無力感である場合が多く、抗うつ薬は効きにくいのが現状です。

非定型うつ病の改善にもサプリメントが有効

パーソナリテイ障害の改善に有効な薬は、残念ながらありません。
非定型うつ病の方がなかなか良くならないのは、このためです。
複数の薬を組み合わせて処方する、多剤併用が一般的には行われていますが、薬の量が多い割には効果が得られにくいのが現状です。

一方、パーソナリテイ障害に伴う非定型うつ病の、キレやすさ、イライラ、無気力状態、不安、憂鬱、自傷行為等の症状の軽減にもサプリメントが有効です。
栄養障害型の新型うつ病の方がサプリメントの服用と食事療法だけで改善出来るのに対して、パーソナリテイ障害に伴う抑うつ、すなわち非定型うつ病の方は、サプリメントと食事療法だけでは改善しませんが、サプリメントを服用することでイライラや無気力状態が軽くなりますので、学校や会社での適応も改善されます。

パーソナリテイ障害の方の治療の中心は精神分析的精神療法ですが、サプリメントで無用なイライラや無気力状態を軽減してあげることで、精神分析的精神療法を行いやすくなるというメリットがあります。

パーソナリテイの治療

非定型うつ病の方はパーソナリテイ障害を伴っている場合が多いのですが、パーソナリテイ障害の方はキレやすく、思い通りにいかないと些細なことで激怒する一方、無気力や不安、憂鬱に陥りやすい性質を持っており、このパーソナリテイの問題を治療する必要があります。
パーソナリテイ障害の治療には、精神分析的な精神療法・カウンセリングが有効です。
日本でカウンセリングと言うと認知行動療法が一般的ですが、残念ながら認知行動療法では、パーソナリテイの病理の改善には効果がありません。
パーソナリテイ障害を治療するには、精神分析的な治療が必要となります。
精神分析的精神療法については、認知行動療法と精神分析のページをご覧下さい。

サプリメントと精神分析的精神療法を併用する治療可能性

パーソナリテイ障害の方はイライラし易い、キレやすい、欲求不満に耐えるのが苦手、といった傾向を持つ為に、すぐに治療を中断してしまいがちで、治療が成功しにくいという側面があります。

医療用サプリメントを服用して頂くことで、イライラや無気力状態が改善出来ますので、気分が安定してくると、本来の問題である御自身のパーソナリテイの問題と向かい合いやすくなるでしょう。

精神分析的精神療法は、ご自分の内面と向き合うと言う難しい作業です。
イライラや無気力は出来る限り軽減してあげた方が治療を続けやすくなり、治療可能性が広がります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME