メニュー

カウンセリング 

[2020.05.05]

みゆきクリニックでは、

お薬の効果が期待できる患者さんには、お薬だけで治療しています。

しかし、原則として、全ての患者さんに、食事の改善を勧めています。

 

疲れやすいとか、夜中に何度も目が覚めるとか、朝起きれないとか、

ミスが多い、指示されたことをすぐ忘れてしまう 物覚えが悪い

といったことを、少し費用をかかっても良いから改善したいと言う人には

オーソモレキュラー療法を勧めています。

 

人とうまくいかないとか、人間関係をいつも壊してしまう、

と言ったことには、カウンセリングを勧めています。

 

一番理想的なのは、カウンセリングとオーソモレキュラー療法を療法同時に行うことです。

 どちらも、治療には根気が必要です。

 

 

カウンセリングの費用

 

カウンセリングには予約料を頂いております。

例えば、コンサルタントさんに相談すると、

1時間5万円とか、年間数百万円とか、かかりますね。


 みゆきクリクリニックのカウンセリングは1回1万円くらいですが

力動的カウンセラーは、大学院卒業後も、他の専門職より長い訓練期間を必要とし、

研修にも費用がかかるし、これらの費用は全部自分持ちで、

地道に実直に時間とお金をかけて、トレーニングを続けカウンセラーになります。

 

他の専門職より多くの時間とお金をかけて訓練し、

しかし収入は他業種の5分の1なんて、

人の役にたちたいとか、この仕事が面白い、と思えばこそ、です。

 

だから、どんどん、この領域の専門家が減ってしまっています・・・。

 

医療機関でカウンセリングを行う場合の難しさは、やはり料金にあるのかも知れません。

医療機関での相談に費用が発生することには、強い抵抗を感じられるのでしょう。

  

現実問題として、

みゆきクリニックの様な小さなクリニックですら、

家賃や人件費や必要経費を考えると、クリニックを維持するのに、相当な費用がかかります。

カウンセラーのお給料や、建物や、スタッフの人件費等を考えると

1回50分のカウンセリングを、数千円の保険診療で実施するのは、現実問題として難しいのです。
とても成り立ちません。

 

保険診療でカウンセリングできないの?

実は、一時期、

余裕がある訳ではないけれど、本当に良くなりたいと願う普通の人たちの役に立ちたい、

一人でも多くの人に本当に良くなって人生を取り戻して頂きたい・・・との思いから

みゆきクリニックでは、1回50分のカウンセリングを、

保険診療だけで、行っていたことがあります。

これはかなりのかなりの持ち出し、赤字覚悟の大英断・・・だったのですが・・・

 

そこで、何が起こったか・・

予約だけしておいて、当日キャンセルする、という患者さんが、続出したのです。

 

カウンセリングの予約が入ると、

同じ時間には、他の患者さんの予約は一切受けず、

カウンセリングに使う部屋と、カウンセラーの時間を、

その人だけの為に明けて用意しておきます。

 

患者さんがキャンセルしても、

カウンセラーの給料も発生しますし、

空けて用意した部屋も無駄になってしまいます。

赤字が更に膨らんでしまいます。

 

保険診療だけでカウンセリングを維持することが困難になり、今は

1回50分のカウンセラーの時間とその為の部屋を用意する場合には

全て予約料を頂くことにしています。

そうしたところ、殆どキャンセルがなくなりました。

皆さん、きちんと予約し、約束した日時にきちんと通って下さいます。

 

とりあえず予約しておいて、当日になってキャンセルする人が相変わらす多いことは

飲食店などでも問題になっている様ですが

無断キャンセルは、医療機関にとっても悩ましい問題です。

 

 

カウンセリングという価値観

お金に余裕のある人しか、カウンセリングをうけられないの?

みゆきクリニックでカウンセリングを受けているのは

決してお金持ちばかりではなく、ごく普通の方々です。

決して余裕がある訳ではないけれど、人生を立て直す、人生への投資として

受けていらっしゃいます。

自分の人生に何を優先するか、価値観の問題なのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-----

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME