メニュー

ソクラテスの死

[2016.11.09]

古代ギリシャの哲学者、ソクラテスは、人々の意識を目覚めさせ真理を解こうと、

街角で辻説法をしていたと言います。

しかし、真理とは、しばしば苦いものです。

 

「いま、国にはお金がないから、皆で苦しいのを我慢しよう」(真理)

と言う話は、聞きたくない話かもしれません。

 

「国にお金がないのは、外国に資本をとられたからだ、悪いのは外国だ」

と言えば、それが真理でなくても、皆そうだそうだと喜ぶかもしれません。

 

苦いけれども真理を説こうとしたソクラテスに、次第に反発する人が増え

「人心を惑わす悪い奴」という評判がたち、

「ソクラテスに死を」という声が高まり、人々は熱狂しつつ、

ソクラテスに死刑を宣告します。

 

ソクラテスはとらえられ、毒薬を飲まされ、死にました。

こういうのを、愚衆政治というのだそうですが・・・。

 

今のアメリカで、まさに愚衆政治が勝ってしまいました。

まさかのトランプ大統領。

 

日本も愚衆政治にならないよう、皆で気を付けなければ・・・。

 

 

-----
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME