メニュー

フロイトが深夜鼻歌を・・・?

[2011.01.19]


フロイトは音楽を好まなかったと言われていると書きましたが、
フロイトの私信には、モーツアルトの魔笛のアリアのフレーズが引用されていたりしていて
そういう箇所を見つけると、何だか嬉しくなります。





フロイトの論文にはシェークスピアやゲーテ、古代ギリシャの詩等からの引用も多く、

時々いきなり「メフィストフェレスならこう言うだろう」等という表現が出てくるので、

古典はもちろん、ファウストを読んだことのない人には意味が分らず、

フロイトは益々とっつきにくいと感じられるかも知れません。



でも気楽な私信になると、嫌いなはずのオペラからの引用も時々見られます。



フロイト先生は、深夜一人原稿を書きながら、「パッパパパパパパゲーノ・・・」

等と口ずさんだのかしら・・・、等と想像してみると、嬉しくなります。

(フロイトが鼻歌を歌ったと言う記録はどこにもありませんので、念のため・・・。)





それにしても、フロイトは日常生活から弟子や友人との間に交わした私信まで、

全てが研究されつくしています。


歴史的に有名になると、こういうことまで暴かれてしまうのか・・・とちょっと気の毒に思う位です。

















-----
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME