メニュー

多剤併用療法の功罪

[2015.12.19]

他の診療所へ通院されていた方で、みゆきクリニックへ転院されていらした患者さんの処方箋を見て、余りの薬の多さに唖然とさせられることが少なくありません。

やむを得ず多剤併用療法を余儀なくされる病態もありますが、その必要が無い患者さんにまで大量の薬が処方されているケースがあります。

大量の薬を処方されて、ロレツも回らず、フラフラになり、表情もなくボーとして、日常生活にも支障をきたす程の状態で転院されて来ます。

おそらく患者さんが来院の度に「不安だ」「やる気が出ない」「夜何度も目が覚める」と訴えるので、医師はそのたびに薬を増やしていって、次第に多剤併用になっていったのでしょう。

医師も一所懸命患者さんに良くなって頂きたいとしていることであり、決して悪気があってしているのではないことは分りますが、患者さんが症状を訴えるたびに薬を増やし、必要がないにも関わらず多剤併用となり、症状が改善しないまま、生産性も低下し、人としての活動性も乏しく、ボーとして一日中を過ごす・・・
果たしてそれが適切な医療と言えるでしょうか・・・?

みゆきクリニックでは、多剤併用療法をしていた患者さんには、サプリメントを併用して頂きながら、1~2年かけてゆっくり薬を減らしていきます。
薬を減らしていくに従い、無表情だった患者さんに表情が戻ってきて、徐々に自然な笑顔を取り戻していく様子を見るにつけ、人としてごく普通の、当たり前の日常を送って頂きたいと、願わずにはいられません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME