メニュー

子どもへの投薬

[2019.09.14]

かつて子どもだった人が大人になり、みゆきクリニックへ自分の意思で転院してくる人が増えています。

 

子どもの頃 パニックや問題行動を起こして、親に児童精神科に連れて行かれて、

小さいころから薬を飲んでいた・・・

 

でも余り改善しなかった、というケースも・・・

若いのに服薬の履歴は10年以上なんて人も・・・。

 

現代の医療は、子どもに、安易に薬を処方しすぎる、と思って居る私は、患者さんの話を聞いていて、切なくなります。

 

一流製薬メーカーの薬だから大丈夫、厚生労働省が認可した薬だから大丈夫

と思って、親は子どもに薬を飲ませるのですね。

 

一流製薬メーカーの薬でも、厚生労働省が認可した薬でも、

果たして本当に必要なのかどうか、本気で考える必要があります。

 

現代は情報が溢れているけど、適切な、本当に大事な情報は手に入りにくいことも多く

良いものを提供している人の声は小さいのです。

 

患者さん自身が賢くなることが求められています。

 

 

 

 

 

-----
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME