メニュー

現代人は皆栄養不良

[2015.12.13]

サプリメントを使った治療、分子整合医学を学ぶようになり、患者さんの栄養状態に注目するようになってみると、多くの患者さん、特に若い人はかなりの栄養障害であることが分ります。みゆきクリニックにも栄養障害から無気力状態になって、会社や学校に適応しにくくなり、お困りになられた方が沢山来院されて来ます。
これは世間一般で治療困難だと言われている、新型うつ病と言われる方々です。

テレビや新聞で、最近は新型うつ病や非定型うつ病と呼ばれる若い人が増えており、薬が効きにくく、有効な治療法がない、と取り上げられているのをご覧になられた方も沢山いらっしゃることと思いますが、うつ病として治療しようとするとうまくいかないことも多いのですが、見方を変えれば充分に改善可能です。

私は、新型うつ病・現代型鬱病などというものは存在しない、と考えています。

新型鬱病と言われる人たちは、無気力や集中困難等の、鬱病の患者さんとよく似た症状を訴えますが、それは鬱病なのではなく、栄養障害から来る神経症状である場合が多いと考えています。
無気力の原因が栄養障害にある場合の治療は、食事を改善し、不足している栄養素をサプリメントで積極的に補うことで、十分改善出来ます。

栄養障害から起こっている症状ですので、抗うつ薬が効かないのはむしろ当然で、栄養障害の状態にある若い患者さんに、「新型うつ病」として抗うつ薬を処方すると、時にだるさ等の症状は悪化することもあります。

「あなたの病気は栄養障害からくるものですよ」と説明すると、殆どの患者さんは食事を改善して自力で頑張って治しますと言いますが、食事の改善は言うまでもなく基本的なこととして行って頂きたいことですが、残念ながら無気力状態にまで陥っている栄養障害を、食事だけで回復させることは非常に困難で、治療にはサプリメントを積極的に使う必要があります。

新型うつ病・現代型鬱病と言う病名を付けたのは日本の一部の医学者ですが、「うつ病」と名付けてしまったことが混乱に拍車をかけているのではないでしょうか。

私は「新型うつ病」などというものは存在しない、若い人の無気力状態の原因の多くは栄養障害にあり、これを治療することで改善可能、と考えており、一貫してそう言ってきましたが、そんなことを言っている精神科医は今のところ私だけの様です。
ですが、うつ状態、無気力状態に陥っている若い患者さんたちが、みゆきクリニックへ通院され、食事指導とサプリメントの服用で見違えるほど改善され、短期間の休職で仕事に復帰されていく日々の臨床上の経験から、これはほぼ間違いのない考え方だろうと思っています。

皆さんがこの記事をお読みになられて、そうか、自分のやる気の無さは、栄養障害が関係しているのかも知れない、と思われて、近くの医療機関を訪れ、栄養障害から無気力に陥っているのかも知れないから調べてほしい、と言う話をされても、この話は通じにくいかも知れませんので、念の為・・・。

サプリメントで改善可能な患者さんたちが、必要が無いのにうつ病の薬を服用し、なかなか改善しないまま会社や学校に適応できずに苦しんでいるとしたら・・・本当に憂慮すべき大問題です。

他にも、新型うつ病、無気力以外だけではなく、他の医療機関でパニック障害と診断されて長いこと治療を受けていらした患者さんの中に、パニック障害なのではなく低血糖発作だった、ということもありました。
社会不安障害と診断されていた患者さんの病態は、実は鉄欠乏性の貧血だった、ということもありました。
これらの患者さんは、低血糖や鉄欠乏性貧血の治療で、見違える程改善されています。

これも言うまでもないことですが、本当に鬱病にかかっていたり、パニック障害や社会不安障害、その他の精神疾患であると判断された場合には、やはりお薬が有効ですので、薬の服用をお勧めします。

また、これらの精神疾患の方々が同時にサプリメントを服用された場合、薬の服用量を減らすことが出来ます。
余りお薬を増やしたくない方、薬を減らしたい方は、ご相談下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME