メニュー

発達障害の治療の可能性

[2015.12.06]

原因は分かっていませんが、発達障害の子供さんが増えています。
ADHDのお子さんは、じっとしていることが出来ず、本人も周囲も困ってしまうので、多動を落ち着かせる為に覚醒作用のある薬剤が有効だということで、ADHDの子供さんに覚せい剤に似た作用のある薬を処方する場合があります。

確かにそれでADHDの子どもさんの多動は改善しますが、発達途上にある子どもの脳に覚醒作用のある薬剤を飲ませ続けることが、果たしてその子の今後の人生にどんな影響を及ぼすか、一体誰に想像できるでしょうか?

私は決して覚醒作用のある薬は処方しません。
大人にも処方しませんが、子どもには尚さら、処方しません。

原則として子供には薬は処方しませんが、代わりにビタミンB群を中心としたサプリメントを処方しています。サプリメントは発達障害のある子どもさんの落ち着きのなさの改善にも、一定の効果があります。

私がサプリメントを処方している最年少の患者さんは6歳ですが、サプリメントの服用で症状が改善し、以前より落ち着いた状態で毎日を過ごすことが出来るようになり、学校や家庭での問題が小さくなってきています。

サプリメントは健康保険が使えませんので実費になりますが、子どものうちから覚せい剤の様な薬を飲ませることと、多少費用がかかっても副作用もなく安心して
子どもにも飲ませられるサプリメントを飲ませることと、どちらがその子の人生、今後数十年に渡って続いていくその子の生涯の役に立つか、答えは明らかでしょう。

サプリメントで発達障害が治るというわけではありませんが、発達障害のある子供さんは落ち着きが無く、人の話を聞くことが苦手ですので、治療に乗りにくいという側面があり、サプリメントでそれらの症状を改善してあげることで、家庭や学校での適応を良くし、同時に人間関係の構築に向けたトレーニングやカウンセリングに導入しやすくなり、治療の可能性が広がります。

これは大人でも同じことが言えます。
アスペルガーと大人になってから診断された方の治療も、同様のアプローチで改善が可能です。

サプリメントの服用とカウンセリングの併用は、発達障害やパーソナリテイ障害の方の症状の改善に向けた、治療可能性を秘めていると考えています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME