メニュー

院長のコラム

カテゴリ

コンテンツ一覧

みゆきクリニックと子どもたち(2019.11.17更新)
子ども外来の日は、3歳から高校生くらいまでの子どもさん達が、遠くから通院して来ます。   小さな子を連れて、何時間も電車に乗って通うのは、本当に大変だろうなあ、と思います。  … ▼続きを読む

オーソモレキュラー学会(2019.11.10更新)
オーソモレキュラー学会web学会誌に みゆくクリニック院長 塙美由貴医師の論文が掲載されています。   https://isom-japan.org/article/article_page… ▼続きを読む

子どもの過剰診断(2019.11.03更新)
繰り返し訴えていることですが、子どもの発達障害は診断されすぎています。 さして効果も期待出来ないのに、薬を使い過ぎです。   ある小学生は、学校に行けなくなり、某児童思春期外来を受診されたそ… ▼続きを読む

多剤併用の重罪(2019.10.23更新)
NKHで 多剤併用の怖さを 特集したことがありました。   問題にされていたのは、主に、 睡眠導入剤や抗不安薬、 精神科・心療内科領域で出される薬でしたね。   患者さ… ▼続きを読む

予約の取り方(2019.09.19更新)
みゆきクリニックは予約制です。   小さなクリニックでは、お引き受け出来る患者さんの数に限りがあります。 予約が一杯のこともあります。   ことに初診の方には、予約が一杯の時は、来… ▼続きを読む

育児と子どもの発達を考える会(2019.09.17更新)
みゆきクリニック院長 塙が設立した一般社団法人 育児と子どもの発達を考える会では   12才までのお子様で、発達障害を疑われているお子様 5才までのお子様を育てて居る育児ママで、ストレ… ▼続きを読む

子どもへの投薬(2019.09.14更新)
かつて子どもだった人が大人になり、みゆきクリニックへ自分の意思で転院してくる人が増えています。   子どもの頃 パニックや問題行動を起こして、親に児童精神科に連れて行かれて、 小さいころから… ▼続きを読む

おやつの問題(2019.09.09更新)
保育園でも学童でも、おやつはお菓子が多いので、 発達にトラブルを抱えた子どもに、砂糖を減らすよう指導しても、 どうしてもお菓子をやめることが出来なくて、困ることが、しばしばあります。   幼… ▼続きを読む

食事の習慣(2019.09.07更新)
みゆきクリニックでは、生活習慣の改善に力を入れています。   生活習慣はすぐには変えられないものですが、 みゆきクリニックに通院しているうちに、徐々に変化していかれます。   小腹… ▼続きを読む

みゆきクリニックの治療方針(2019.07.23更新)
みゆきクリニックの受診をお考えの方へ みゆきクリニック院長 塙みゆき医師は、心の病を治療するために、たくさんの患者さんと向き合ってきました。心の治療に最も必要な治療論は精神分析学だと思い、精神分析を… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME