メニュー

コラム

診断基準の誤りと功罪(2015.12.21更新)
現代の精神疾患の診断には、世界標準の診断基準と言うものがあって、DSM-IVやICD-10と言った診断基準が世界的に使われています。これは、○×式の項目が幾つか並んでおり、そのうち何個以上あてはまった… ▼続きを読む

うつ病は診断されすぎている・・・?(2015.12.20更新)
かつては精神科と言うと偏見に満ちた目で見られがちでしたが、最近では、心療内科、メンタルヘルス科等と親しみやすい名称で呼ばれるようになり、精神科の敷居が低くなり、誰でも気軽に受診出来るようになったことは… ▼続きを読む

多剤併用療法の功罪(2015.12.19更新)
他の診療所へ通院されていた方で、みゆきクリニックへ転院されていらした患者さんの処方箋を見て、余りの薬の多さに唖然とさせられることが少なくありません。 やむを得ず多剤併用療法を余儀なくされる病態もあり… ▼続きを読む

必要のない処方?(2015.12.18更新)
ここ10年程の医薬品の開発は、目覚ましいものがあります。今まで治療困難だった患者さんの症状が改善できるようになったことは、非常に大きな福音です。 薬が必要な病態にある患者さんは、症状の改善に必要な充… ▼続きを読む

小此木啓吾先生の晩年(2015.12.17更新)
2001年7月、フランスのニースで国際精神分析学会が開催され、小此木啓吾先生と一緒に出席しました。 小此木先生は超人的な体力の持ち主でしたので、昼間は大学の講義や会議、診療をこなし、夜は本や論文を読… ▼続きを読む

ライナス・ポーリング博士(2015.12.16更新)
ライナス・ポーリング博士は、2回のノーベル賞を受賞した、20世紀の天才生化学者です。ワトソン&クリック博士が発見したとされるDNA二重らせん構造も、元々はライナス・ポーリング博士の着想だったこ… ▼続きを読む

分子整合医学との出会い(2015.12.15更新)
小此木先生との最後の日々、日に日に衰えて行く師の姿を、無力感にさいなまれながら、目の当たりにすることになります。先生の入院していらした病院の医療チームの中には小此木先生のかつての教え子もいて、皆さん誠… ▼続きを読む

はじめてのサプリメント処方(2015.12.14更新)
高濃度ビタミン治療、分子整合医学と出会ってからも、すぐに臨床に応用することはせず、暫く理論的な勉強を続けていました。理論的な背景がしっかりして自分が納得していないと、患者さんには勧められないからです。… ▼続きを読む

現代人は皆栄養不良(2015.12.13更新)
サプリメントを使った治療、分子整合医学を学ぶようになり、患者さんの栄養状態に注目するようになってみると、多くの患者さん、特に若い人はかなりの栄養障害であることが分ります。みゆきクリニックにも栄養障害か… ▼続きを読む

コンビニ症候群(2015.12.12更新)
甘いものを食べると疲れが取れる、幸せな気分になれるからと、おやつに飴やクッキーやチョコレート、ケーキや煎餅を食べ、缶コーヒーや甘味飲料水を飲み、砂糖を過剰に摂取する人が増えています。 若い一人暮らし… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME