メニュー

統合失調症

近年、症状のはっきりしない統合失調症の方が増え、診断はとても難しくなってきています。

かつての統合失調症の症状は、幻覚・妄想・幻聴を症状の中心としており、症状がはっきりしていて、
精神科医であれば診断に迷うことはありませんでした。

典型的な統合失調症の症状
  • 部屋の中に盗聴器が仕掛けられている
  • 頭の中で声がする
  • 自分の考えが声になって聞こえてくる
  • 誰かが自分を監視している
  • 誰かに後を付け狙われている
  • 誰かが自分に悪意を持っていて悪口を言っている

診断しにくくなった統合失調症

みゆきクリニックにも、他院から転院していらした方で、うつ病や不安障害と診断され抗うつ薬や抗不安薬を処方されていたけれども、なかなか症状が改善しなかった、という方の中に、実は統合失調症だった、という方がいらっしゃいます。

統合失調症は、うつ病や不安障害のお薬では改善しません。統合失調症の治療の第一選択は、薬です。
統合失調症の改善の為に開発されたお薬を、一生涯にわたって飲む必要があります。

最近増えている統合失調症の症状
  • 何となく奇妙・・・・何となく変・・・
  • 自動的にある考えが浮かんでくる・・・
  • 何となく以前と人が変わった様に見える・・・
  • 何だか時々ふさぎこんでいるように見えるが、うつ病だろうか
  • 突然パニック様の発作を起こすこともある

統合失調症 ナイアシン欠乏としての側面

統合失調症の方は、ナイアシン(ビタミンB3)のレセプターが、病気ではない人に比べて、10分の1しかなかった、
という、ジョンスホプキンス大学の研究報告があります。

カナダの精神科医でオーソモレキュラー療法の創設者、エイブラム・ホッファー医師は、
ペラグラと統合失調症の関係に注目しました。
そして、統合失調症の治療に積極的にナイアシンを使用しました。

「ペラグラ」は、ナイアシン欠乏が原因で起こる病気です。
皮膚症状、下痢等の消化器症状や、幻覚・妄想等の精神症状が特徴です。

統合失調症は、早期発見、早期治療が何より大切

統合失調症は正しく診断をして、可能な限り早期発見・早期治療をすれば、学校や会社に適応しながら、
普通の学生生活、会社員生活、家庭生活を送ることは充分可能です。

みゆきクリニックでは、統合失調症の方の治療は、薬の服用をして頂きながら、 
オーソモレキュラー療法  を平行して受けて頂きます。

一生涯にわたり治療を続けることが必要ですが、薬とオーソモレキュラー療法の併用で、
全く普通の生活を送ることが可能となります。
結婚して子供さんを育てている方もいらっしゃいます。
みゆきクリニックで薬とオーソモレキュラー療法を受けている方は、統合失調症にはとても見えない方が多く、
会社で障害者雇用ではなく、一般雇用で、健常者と一緒に同等に働いている人もいます。

治療

抗精神病薬
統合失調症の治療の最優先は薬です。
統合失調症の方の中に、薬を飲まずに治療をしたい、と希望される方もいます。
しかし、統合失調症の治療に、薬はとても大切です。
薬を減らすことは出来ますが、薬を無しにすることは出来ません。

また
薬だけの治療を希望される場合には、
みゆきクリニックでも、薬を最小限度まで減らすことは出来ません。

みゆきクリニックで薬を減らすことが出来るのは、
オーソモレキュラー療法や生活習慣の改善を行って頂ける場合です。

 

 

入院治療

幻覚や妄想が激しく、奇異な行動が目立つ場合、入院治療が必要です。
多くの方が「入院だけはしたくない」と仰いますが、症状が重い場合には、
外来通院だけで治療することは困難で、入院した方が改善は早く、後々の経過も良好です。

特に、統合失調症の最初の段階で入院すると、その後の経過が良くなります。
必要な時には、思い切って入院を決断して下さい。

また、急激な悪化が予想される方、過去に何度か増悪を繰り返している方には、
急激に増悪した場合にすぐに入院が出来る様、入院設備のある病院への転院をお勧めしています。

入院には、原則としてご本人の同意が必要です。
ご本人の同意が得られない場合には、ご家族の同意のもとに入院することも可能です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME