メニュー

薬だけで本当に良くなるの?と疑問をお持ちですか? 他院に通院しているけど、なかなか改善出来ずに苦しんでいる。 復職・復学したいので、集中力や作業効率を向上させたい。 会社にとって必要な人材なので何とか改善させたい。 育児がとても辛い、産後体調が悪い、イライラしやすい。 発達障害ではないかと言われ困っているお子様。 女性医師にかかりたい。 カウンセリングを受けたい。 交通至便な品川駅近くのメンタルクリニックにかかりたい。 みゆきクリニックへご相談下さい。薬だけで本当に良くなるの?と疑問をお持ちですか? 他院に通院しているけど、なかなか改善出来ずに苦しんでいる。 復職・復学したいので、集中力や作業効率を向上させたい。 会社にとって必要な人材なので何とか改善させたい。 育児がとても辛い、産後体調が悪い、イライラしやすい。 発達障害ではないかと言われ困っているお子様。 女性医師にかかりたい。 カウンセリングを受けたい。 交通至便な品川駅近くのメンタルクリニックにかかりたい。 みゆきクリニックへご相談下さい。

お知らせ

お知らせ [2019.06.25更新]

 

栄養とカウンセリングで、心の自己治癒力を高めよう

 

みゆきクリニック院長 塙みゆき医師は、心の病を治療するために、たくさんの患者さんと向き合ってきました。心の治療に最も必要な治療論は精神分析学だと思い、精神分析を学び、それを治療に応用してきました。

 

また、近年、新しい薬が次々と発売され、しばらくは積極的に薬も使っていました。

しかし、しばらくして、夢の新薬と宣伝され発売された薬に、深刻な副作用があることに気づくようになりました。

薬を飲んでしばらくは気持ちが落ち着くのですが、やがて非常に怒りっぽくなったり、衝動的になったり、おかしな行動をとる人がいるのです。
てんかんのような発作を起こした人もいました。

 

薬は必要な場合に上手に使うととても役に立ちますが、予想も出来ない副作用が現れることがあり、次第に、薬は役に立つ反面、とても怖いな、と感じるようになりました。そして、投薬の必要のない人にまで薬が過剰に投与されている今の医療の現状を、深く憂いています。

 

眠れない、気分がふさぎ込む等に薬は一定の効果がありますが、心の悩みを解決するには、薬だけでは足りません。

 

薬は、熱のあるときに熱を下げる、咳が出るときに咳を止める、といった、症状を抑えるという効果はありますが、熱や咳の原因になっている病気を改善している訳ではないのです。

 

 心の病気も同じです。
眠れない人が睡眠導入剤を飲むと、寝付きは良くなりますので、一定の効果はあります。
しかし、睡眠導入剤が、睡眠の質を良くしてくれる訳ではありません。

 

質の良い睡眠とは、夜中に目をさまさないでぐっすり眠れるようになる、嫌な夢を見ない、朝すっきり起きられるようになる、等のことですが、薬で睡眠の質を良くすることは出来ません。

 

心身の健康を目指すなら睡眠の質を良くすることはとても大切です。
そのために、薬漬け医療は、必要ありません。

 

憂うつな気分の人が抗うつ薬を飲むと、幾らか気分は改善します。
しかし、困っているのは、気分の問題だけではないでしょう。

 

薬では改善しにくい問題、意欲がわかない、集中力が低下している、相手の言うことが理解出来ない、こういったことを改善しなければ、本当の改善とは言えないのです。

 

メンタルで困っている人達に、本当に良くなって頂きたい、

社会で活躍してほしい、学ぶことが楽しいと思ってほしい、

子育てを楽しんでほしい、暖かい家庭・人間関係を築いてほしい・・・。

 

そのためには、精神分析だけでは何かが足りない・・・
薬は患者さんの人生を豊かにしない・・・

何か方法はないものだろうかと模索し、たどりついたのが、栄養素で心と身体のバランスを整える、オーソモレキュラー療法・分子整合医学でした。

 

多くの人は、心のストレスと身体的な症状を、別のものとして考えます。
しかし実際は、身体的なストレスも心のストレスも、細胞レベルで起こっている反応は同じなのです。

 

ストレスは身体をサビさせ(酸化)、心の柔軟性を失わせます。
細胞がストレスに負けないように調整してあげると、心も身体もバランスを取り戻せます。

 

ヒトは素晴らしい自己治癒力を持っています。
人が自然に持っている自己治癒力を高めるのが、オーソモレキュラー療法です。

 

細胞をストレスから守るには、たくさんのビタミンやミネラル、アミノ酸、天然フラボノイド等が必要です。ストレスに負けない身体と心を作るのに必要なのは栄養素(オーソモレキュラー療法)と、物事のとらえ方・思考や感情の修正(カウンセリング)なのです。

 

みゆきクリニックでは、精神分析的なカウンセリングと、不足した栄養素を補充するオーソモレキュラー療法で、メンタルの治療をしています。

もちろん、部分的に薬も使います。
しかし薬はあくまでも応急処置としての補助的なものと考えています。

 

薬は補助的に使いながら、カウンセリングと、食事を改善し、運動を勧め、栄養素の補充をし、身体の不調を整え、心の自己治癒力を高める。
こうした治療方針にしたところ、多くの方が本当に改善されるようになりました。

 

心の自己治癒力を高める治療は、これからの新しい医療の始まりです。
栄養と気づきで、心は変わります。

私たちは、あなたの自己治癒力を高め、より良い人生を送るお手伝いをしたいと考えています。

 

 

日本では、医療機関を受診したうつ病の患者さんが、100万人以上いると言われています。
メンタルが原因で仕事を辞める人も増えています。
学校に行けなくなる子どもも増えています。

 

仕事をする、学校に行く、子どもが言うことを聞かない、急な気候変動、汚れた空気を吸う、生きているだけで様々なストレスにさらされます。

国をあげてストレス対策をしていますが、有効な手立てが打てているとは思えません。
そこには、栄養素が心と身体にどのように作用するかといったオーソモレキュラー的な視点と、心の構造の視点が欠けているからだと、塙みゆき医師は考えます。

 

 ストレス対策は、栄養とカウンセリングによる気づきで、かなりの部分改善出来る可能性を持っているのです。

 

 

発達障害の子どもが増えています。
最近の医療の流れは、子どもに対しても、中枢神経刺激薬を飲ませる方向に向かっています。
中枢神経刺激薬とは、麻薬とよく似た構造を持つ薬です。
発育途上の子どもの脳に、脳に直接作用する薬を飲ませ、行動障害を押さえ込もうと言う考え方です。
みゆきクリニックは、この考え方に強く反対します。

 

やむを得ず、薬を使用しなければならない場合もありますが、残念ながら今の医療の流れは、行動障害があれば、簡単に薬を飲ませようとする方向に向かっているのです。

 

スクールカウンセラーに相談したら、「病院に行って薬を貰ってきて下さい」と言われることもあるそうです。
学校の担任から、「授業中落ち着きがなくて困るので、病院で薬を貰ってきて下さい」と言われる子もいます。
薬の効果や限界、リスクを理解した上で、そう言っているのでしょうか?

 

やむを得ない場合を除いて、子どもに安易に飲ませるべき薬ではありません。
子どもの行動障害は、鉄や亜鉛の低下から引き起こされる場合が少なくありません。
鉄や亜鉛を補充することで改善する場合がたくさんあります。
薬という手段を選ぶ前に、ミネラルの低下を確認するべきです。

 

鉄や亜鉛等の低値の判断や、サプリメントの選択は、簡単そうに思えますが、オーソモレキュラーという学問領域が存在するくらい、実はとても難しい判断が要求されます。
オーソモレキュラーを理解している医師にご相談下さい。

 

ネットでサプリメントを買って飲まれている方のなかには、その方に合わないもの、有害な作用を引き起こすものを飲まれている方が少なくありません。ネットの情報に踊らされず、正しい知識を身につけて下さい。

 

オーソモレキュラー療法は、健康保険は使えません。
オーソモレキュラー療法の費用は、月額1万円~ 人によっては月額数万円になる場合もあります。
その他、ご相談に時間を要する場合には(おおむね20分以上)、診察のご予約料がかかる場合があります。

健康保険診療は、薬の治療が中心で、サプリメントは健康保険制度が適応されません。
薬漬け医療の一因は、実はこの健康保険制度にあるのです。低い自己負担金で、高価な薬が手にはいるのですから、病院に行ったら薬を貰わないと損、という気持ちになるかも知れません。

 

しかし、薬で解決出来る問題は、人が抱える問題の中の、ごく一部に過ぎないのです。健康保険制度は素晴らしい制度ですが、同時に、必要のない薬を飲んでしまうという弊害があることも忘れてはなりません。

 

みゆきクリニックのカウンセリングは、1回 50分です。
みゆきクリニックのカウンセラーは、大学院を卒業し、卒業後も継続して臨床心理の専門的なトレーニングを私費で続けています。質の高いカウンセラーが揃っていると自負しています。

 

カウンセラーの質は、料金だけで単純に比較出来るものではありません。

産業カウンセラーや公認心理士は、比較的簡単に資格を取得できます。
臨床心理士であっても、資格がありさえすれば充分な知識や経験があるとは限りません。

 

専門的なトレーニングを何時間受けたのか(1000時間は必要でしょう)

誰に個人指導を受けているのか(これは相当に上位の専門家に家庭教師のように1対1できめ細かに指導してもらうので、10年以上、まるで修行の様に続けます)これには相当な費用がかかりますが、費用は全てカウンセラーの自己負担です。

カウンセラーの資質の向上の為にも、みゆきクリニックではカウンセリングは全てご予約料を頂いております。
カウンセラー ご予約料 8000円~ 

 

 カウンセリングとは、この質の高い心理の専門家の時間と、カウンセリングの為の部屋を、お一人の患者さんが1時間独占することです。個別化治療、オーダーメイドの治療です。

 

健康保険診療には様々な制限があり、一人一人に合わせたオーダーメイドの治療は、健康保険は適応されません。
病院に入院するときに、個室料は健康保険が適応されないのと同じように、カウンセリングで専門家の時間と部屋を1時間独占することと、健康保険診療は合わないのです。

 

カウンセリングを受けたいけれど費用でお困りの方は、一部、公の機関が、健康保険や無料でカウンセリングを行っている施設もありますので、各自治体にご相談下さい。

 

また、臨床心理学部のある大学院では、大学院生の研修の為のカウンセリングを低料金で提供しているところもありますので、各大学の心理センターに直接お問い合せ下さい。

 

また、一部の医療機関では、比較的若いカウンセラーのトレーニングの為に、安い料金でカウンセリングを提供しているところもあります。各医療機関にカウンセリングの料金をお問い合せになられては如何でしょうか。

 

 健康保険制度は誰もが気楽に医療機関を受診出来る素晴らしい制度ですが、専門職の技術料が非常に安いため、短時間でたくさんの患者さんを診る必要があります。

 

アメリカやヨーロッパでは精神科医や心理カウンセラーが一人の患者さんに1時間の時間をかけるのは当たり前、と聞いたことのある方もいらっしゃることと思いますが、費用は日本の十倍以上です。
日本の健康保険制度の範囲では、専門職の時間を1時間独占することは出来ません。
健康保険制度には様々な限界や制限があります。

 

それらのことをご理解のうえ、じっくり話を聞いてほしい方、より豊かな人生をトロ戻したい方、遠慮なくご相談下さい。みゆきクリニックのカウンセリングは、カウンセラーの知識と経験を重視しています。
カウンセラーのご予約料は8000円~です。

 

 

 

当院で行っている治療

詳細は「クリニックの特徴」のページをご覧ください。

また、当院の診療については「よくあるご質問」ページをご覧ください。

交通案内

所在地

108-0074
東京都港区高輪4-21-16  

診療時間

診療時間
10:00~13:0010:00~15:00
15:00~18:0019:30 迄

休診日:日曜 祝日 月曜

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME