メニュー

パーソナリティ障害

パーソナリテイ障害の方を治療出来る医療機関は、非常に少ないのが現状です。

その為、治療を引き受けて貰えなかたり、うつ病と混同されて、難知性のうつ病や非定型うつ病とされてしまい、長く改善が得られないままの方もいらっしゃることでしょう。

みゆきクリニックでは、パーソナリテイ障害の方の治療にも対応しています。

自己愛型・パーソナリテイ障害

自己愛に病理を抱えるパーソナリテイ障害です。
多かれ少なかれ殆どの人がこの自己愛の問題と無縁ではないと言えますが、自己愛型・パーソナリテイ障害をひとつの疾患単位として論じることは難しく、幾つかのタイプに分けられます。

自信過剰で常に周囲の注目を集めようとするタイプの自己愛型・パーソナリテイ障害

自分は優れている、特別扱いを受けて当然だと思っており、周囲に対して自分がどのような圧力を与えているかには無関心ですが、自分が少しでも傷つけられたと感じると攻撃的になり、しばしばクレーマーとなります。
業績が伴えば政治家、企業経営者、芸術家、芸能人等として成功しますが、そうではないと、傲慢な態度や要求がましさ、他人を従者や道具の様に扱う態度に周囲は辟易とさせられます。
このタイプの自己愛型・パーソナリテイ障害の方はアメリカ人に多かったのですが、最近は日本人、特に若い人に増えてきています。

こういうことを書くと、「ウチの子供は常に周囲の注目を集めたがるから心配だ」という方がいますが、子供の正常に発達しつつある自己愛的な行動は、可愛らしくて人の心を惹きつけるものであり、乳幼児期に周囲の注目を集めることは、心の発達においてもとても大切なものです。
大人の自己愛型・パーソナリテイ障害の方の要求がましさとは、本質的に異なるものです。

非常に過敏で繊細なタイプの自己愛型・パーソナリテイ障害

とても繊細なタイプの自己愛で、他人の反応に常に敏感で、誰かが自分を批判していないかを過剰に気にしており、傷つきやすく繊細で、些細なことでも侮辱されたと感じるタイプです。
非常に内気なために、目立つことを避け、傷つきやすい状況を避けようとします。
日本人には昔からこのタイプの自己愛の方は多かったと思われます。
日本の歴史上もっとも古い記載は、古事記における天照大神の天の岩戸のくだりでしょうか。
現代のひきこもりの若者の多くも、この病理を持っているものと思われます。

境界性・パーソナリテイ障害

このタイプの方の問題の中心は、憂鬱感よりも、「衝動のコントロールの悪さ」にあります。欲求不満に耐えることが苦手で、思い通りにいかない現実と折り合いをつけることができず、容易に怒りで反応するために、キレやすく、攻撃的になりやすい傾向にあります。

シゾイド型・パーソナリテイ障害

周囲の出来事や人間関係に無関心で、周囲から孤立しており冷淡な印象を与える人です。
人を信頼することができず、人づきあいも苦手で、楽しみが少なく、人間関係は極めて限定的です。人とのかかわりを避け引きこもりがちですが、しかしこれは恐怖感が強いために防衛的にそうしているのであり、心の奥深いところでは人との関わりを切望しており、外見と精神内界とに大きな隔たりがあるのが特徴です。
外見と心の中が大きく異なりますが、ここを見誤ると治療はうまくいきません。
治療には、精神分析的な理解が必要になります。

パーソナリテイ障害に共通してみられる症状

パーソナリテイ障害の方は不安、憂鬱に陥りやすい傾向にあり、うつ病や不安障害を併発することが多く、難治性の鬱病、非定型鬱病等とされてしまいがちです。
パーソナリテイ障害の方は、どのタイプの方も、慢性的な退屈感や空虚感を抱えており、「憂鬱だ」「落ち込んでいる」とうつ病と同じような症状の訴え方をしますが、これはうつ病の抑うつ感や悲哀感といったものとは、本質的に異なります。

パーソナリテイ障害の治療

一般外来診療でお薬を処方することを中心とした治療だけでは、パーゾナリテイ障害の方の治療としては充分ではありません。
治療は、サプリメントで憂鬱や不安、イライラ、衝動性を改善し、時に少量の薬を使い、カウンセリング・精神分析的精神療法でパーソナリテイの問題を治療していきます。

パーソナリテイ障害の薬物治療

残念ながらパーソナリテイ障害の改善に効果のある薬はありません。
憂鬱に対して抗うつ薬を、衝動コントロールを改善させるために抗てんかん薬や非定型抗精神病薬を、数種類組み合わせて処方されることが一般的です。
しかし効果が乏しい割に多剤併用になる危険があり、お勧め出来ません。

抗不安薬

不安に対して抗不安薬を処方しがちですが、抗不安薬は脱抑制効果がありますので、パーソナリテイ障害の方には、可能な限り処方は控えるべきです。

抗うつ薬

パーソナリテイ障害の方は抑うつ状態に陥りやすいため、憂鬱に対する治療として抗うつ薬を処方することがあります。SSRIやSNRI等の抗うつ薬は、抑うつの改善にはある程度役立ちますが、無気力感や空虚感に対する効果は乏しく、全体的に50%程度症状が改善すれば、十分と捕えるべきでしょう。

抗うつ薬・抗てんかん薬・非定型抗精神病薬等の併用

憂鬱に対して抗うつ薬を、衝動性やイライラの改善に抗てんかん薬や非定型抗精神薬を数種類組み合わせて処方することが一般的に行われており、時に一定の効果が得られる場合もありますが、効果は限定的であり、しかも多剤併用になりがちですので、みゆきクリニックではお勧めしていません。

サプリメントによる治療

パーソナリテイ障害の方は、薬が効きにくいというだけではなく、自傷行為を認めることがあり、薬を大量服薬してしまうリスクがあります。

みゆきクリニックでは、パーソナリテイ障害の方のイライラ、空虚感、衝動的になりやすい傾向等の改善にサプリメントを処方しており、一定の効果を上げています。
パーソナリテイ障害の方で、サプリメントを使った治療を試みたい方は御相談下さい。
サプリメントはイライラや衝動行為などの症状の改善には効果がありますが、パーソナリテイの病理の改善には、精神分析的精神療法が必要となります。

カウンセリング・精神分析的精神療法

パーソナリテイ障害の治療の中心となるのは、精神分析的精神療法です。
治療が難しいとされているのは、精神分析的精神療法の専門家の数が極端に少ないためで、これを行っている精神科・心療内科はごく一部に限られています。

殆どの精神科・心療内科が行っているのは、認知行動療法ですが、認知行動療法は、パーソナリテイ障害の治療には余り役に立ちません。

パーソナリテイ障害は、精神分析的精神療法により、改善が期待できます。
詳しくは、コラム「認知行動療法と精神分析的精神療法」をご覧ください。

治療の進め方

まずは一般外来を受診して下さい。
必要に応じてお薬をお出ししますが、基本的にはサプリメントで症状を安定化させることをお勧めしています。

それと並行して、カウンセリング・精神分析的精神療法を進めていきます。
薬・サプリメント・精神分析的精神療法を同時並行して受けて頂くことで、パーソナリテイの問題は充分に改善が可能だと考えています。

最近は経営者や企業の重要な役職についていらっしゃる方の中に、パーソナリテイ障害の方が増えてきています。
能力のあるパーソナリテイ障害の方は、業績を上げ若くして昇進したり、社会的に成功することも珍しく無いのですが、しかしその態度や振る舞いがひどく周囲を傷つけていることも少なくありません。
パーソナリテイ障害の問題を残したままでは、本当の意味のリーダーシップを発揮し、若手の育成と言う日本の将来を見据えた意味のある仕事につなげていくことは、困難でしょう。
日本が成熟社会に向かう為には、上に立つ人ほど、パーソナリテイ障害の問題を乗り越えていくことが求められているのではないでしょうか。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME