メニュー

フロイトの高弟たち

[2011.01.13]

フロイトの弟子と言えば、後継者である娘のアンナ・フロイト、

フロイト著作集をドイツ語から英語に翻訳したアーネスト・ジョーンズ、

ユング学派を創設したユング、

「恐るべき子供たち」と言われた3人の高弟フェレンツイ、ランク、ライヒ 

等が有名ですが、彼らほど有名ではないけれども、

ブリルと言う人も忘れてはならない人でしょう。



フロイトは、1909年 アメリカのクラーク大学から名誉学位を授与され、

その授与式と講演の為に、アメリカを訪れています。



この時フロイトを案内したブリルもまたユダヤ人でしたが、

10代の頃、無教養で横暴な両親を捨て、祖国オーストリア・ハンガリーを出て

単身アメリカへ渡り、苦学して医師となっています。

家を出た時の所持金はたった3ドルだったと言われていますが、

言葉も不自由な異国アメリカで、何の後ろ盾もなくお金もない異邦人の若者は、

苦役して働きながら極端に切り詰めた生活を送りつつ、奨学金を受けながら自力で大学を出て、

医学部にまで進み、医師となっています。



-----
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME