メニュー

子どもにお菓子を減らすようにさせる工夫

[2010.12.11]

子どもは、禁止すれば隠れて食べるので、お菓子を食べないような習慣を身につけるには、

ちょっとした工夫も必要でしょう。

8歳になる女の子R子との、ある日のやり取りをご紹介しましょう。




 「R子ね、大人になったら美人になりたいの」

 「もちろん、なれるわよ、誰よりも美人になるよ」

 「どうやったら美人になれるのかなあ」

 「うーん・・・、美人になるには、少しだけ、コツがあるんだ。出来るかな」

 「えー、コツがあるの? やってみる どんな?」

 「それはねえ、お菓子を食べないことなんだ」

 「えー、お菓子を食べなければ美人になれるの?」

 「うん、なれるよ」

 「それだけでいいの?」

 「それだけだよ」

 「じゃあR子、もうお菓子、食べない」




そうはいっても、子どもはすぐにそんなことは忘れて、目の前にお菓子があれば食べたがりますが、

少なくとも無自覚にお菓子を食べ続けるようなことは、避けられるでしょう。



-----
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME