メニュー

小さな恋の物語

[2018.11.02]

朝の出勤途中の風景・・・

おじいさんがポメラニアンを散歩させている姿をよく見かけます。

 

ある家の前で、かなり長い時間、犬のリードを持ったまま、立ってたっていらっしゃる。

リードの先には・・・ポメラニアンの後ろ姿。

ポメラニアンの前には、鉄格子のような門扉を隔てて、柴犬が向かい合って立っています。

 

二人(二犬?)は鉄格子ごしに、吠えることもなく、長いことじっとお互いを見つめ合っています。

おじいさんは、その間、じっと待っています。

 

今朝は、柴犬の姿はなく、でもポメラニアンは鉄格子の先をじっと見つめ続けていました。

柴犬 どうしたのかしら・・?

それにしても、そこにいない柴犬をじっと待っているポメラニアン、なんだか健気だな。

 

でも、ポメラニアンと柴犬、二人(二犬)の恋は実りそうにないなあ。

身分違い(異犬種)の恋。

あるいは、ロミオとジュリエット。

 

ポメラニアンの独白

 「ああロメオ、どうしてあなたは柴犬なの?」

そんなつぶやきが聞こえてきそうな・・・

 

でもそれを見守るおじいさん、ポメラニアンの気持ちが分かるんだろうなあ。

 

せつなくも、ほっこりした、朝の風景でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-----
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME