メニュー

大人の言い分 子供の気持ち

[2018.10.17]

みゆきクリニックに通院している小学校1年生の女の子

頭が良くて、将来美人になることが間違いなさそうな、顔立ちの整ったとても可愛い子です。

ご両親も愛情を注いで育てていらっしゃいます。

 

これだけ条件がそろっていると、嫉みを買うとみえて、学校で苛められていました。

学校に行くことを恐がるようになったことをきっかけに、母親につれられ、みゆきクリニックを受診しました。

 

みゆきクリニックでのカウンセリングを通して、苛めっ子とは距離を置くようにし、

だいぶ落ち着いてきていました。

 

ある時、突然、学校恐怖が再燃したので、「?」 と思い聞いてみると・・・

いじめっ子から「あそぼう」と声をかけられたそうです。

(いじめっ子は何をしたいのか、時々気まぐれに誘ってきます)

彼女は、それを断りました。

 

それを見ていた担任の先生が、きつく彼女を𠮟ったそうです。

「そういうことをしてはいけません。皆と仲良くしなさい。」

 

真面目な子ほど、大人の言うことを誠実に守ろうとします。

彼女は健気に、いじめっ子と遊ぼうとしました。

しかし、怖くて仕方がありません。

再び、学校が怖くなってきました。

 

 お友達とは仲良く  みんなと仲良く

 

それは確かにその通りなのですが、

しかし、状況によっては、それが出来ないことがたくさんあることを、大人なら誰でも知っています。

なのに何故か大人は、子供に対しては、

前後の状況も考えずに、建前ばかりを子供に押しつけようとします。

建前で割り切った方が、指導は簡単ですね。

 

しかし、その子にとって、いじめっ子の誘いを断ることは、大変な勇気のいる、ある種の達成だったのです。

 

建前ばかりで子供を判断すると、時に子供を傷つけることがあると、大人達は知っておく必要があります。

 

私はその子に、こう伝えました。

「どうしても嫌なことからは逃げて良い。嫌なことは嫌で良い。」

「とても残念なことだけど、大人が常に正しいとは限らない。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-----
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME